TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

カマスのグリル。

4acb4c8c.jpg

4a358222.jpg

暑いぜ…

厨房にいると、ベリー暑いぜ…

そんな日は、こんな料理をカマスぜ!



コニチワ?? タバタです。

今日は、旬を迎えた、カマスを使った前菜のご紹介。

写真は、「カマスのグリル サルサ プッタネスカとそうめん南瓜」 1100円

主に、西日本各地で水揚げされてる夏が旬の白身のお魚。「カマス」

ご覧のような、とんがりボーイ、霊長類ヒト科ホモサピエンスも襲われた、なんて事もあったみたいです。凶暴な性格なんですね、

主に、焼き魚なんかで食されているようです。

今回は、愛媛県からやって来たカマスを塩水で塩漬け後、一夜干しにしてからグリルに、まさに、焼き魚状態ですが、ハーブやスパイス、白ワインなんかも加えて、“洋”なエッセンスをプラス。

1リットルの水に対して、

5%の塩。(へー、5gってこと?)

2.5%の砂糖。(え、砂糖も入るの?)

1%の胡椒。(あ、やっぱり。)

0.04%の優しさ…(あまり、優しくすると、甘えん坊になるので…)

出ました…

0.471%のビタミンYOU(元気の源…)

あと…



やめた、

何かをベースにした塩水に漬け込み、一晩干してから保存します。

そんな下ごしらえを経たカマスには、しっかりと下味がつき、ハーブの香りも爽やか。一夜干しにより、旨味が凝縮された、上品なカマスの美味しさを堪能していただける筈。

これに、お味噌汁と少しのお漬物があれば、ザ・日本の朝ご飯!

や、だめだ、

それはそれでいいのかもしれませんが、この場合はそういう方向では、だめ。

ハーブやスパイスなんかが、目先を変えてくれます。

熱々のグリルパンで、香ばしく網目を付けて焼き上げました。

添えたソースは、以前にもご紹介した、最近マイブームのプッタネスカ。

さらには、夏に旬を迎えるそうめん南瓜。
茹でると繊維がそうめんのようにほぐれ、錦糸卵のような瓜の仲間。

さっぱりとマリネしたそうめん南瓜に熱々にグリルしたカマスをのせて、プッタネスカソースを添えて提供しております。

カマスの凝縮された旨味と、そうめん南瓜の取り合わせどうかしら??…

ワインにもピッタシ!
ぜしお試し下さい。



スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 00:25:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バナナのセミフレッド | ホーム | スタッフ紹介。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko1231.blog.fc2.com/tb.php/504-9d97c3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)