TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

鱒のマリネとガスパチョ。

3f3d56e9.jpg
暑くなってきましたね~。

そんな日は、こんな料理どうですか?

「鱒のマリネ 蓴菜とガスパチョ添え」
1100円

すっかりお馴染みになった感がある、スペイン発祥のトマトやピーマン、胡瓜などの野菜と、固くなったパンをすり潰した、冷たいスープ「ガスパチョ」 。

個人的には、コンビニデビューもそう遠くはないのではないかと、思って鱒。

今回はそんなガスパチョを使った冷前菜のご紹介。

丸く、白い、直径約25cm、中央がちょこんと凹んだお皿に、ちょこんとあしらったガスパチョはまるで、like a 日の丸。

そして、

一閃の矢の如く、日の丸を射止めた鱒…

ほとばしる蓴菜と、加賀太胡瓜と新玉ねぎのピクルス…(写真には、蓴菜盛り忘れました。)

黒く見えるのは、胡椒ではなく、塩。

その名も、





わかんない…(フランス土産の頂き物でして…全部英語って言うか、フランス語)

詰まるところ….


要は、ガスパチョをややソースっぽい趣きに、マリネした鱒、テュルッとした夏の味覚、蓴菜。さらには、加賀太胡瓜と、新玉ねぎのピクルスを添えて提供しております。

定番のディルや、柑橘類なんかでしっかり下味を付けマリネした鱒を、今回は表面をさっと、焼いてから切り出して盛り付けてます。

こうすることにより、ガスパチョと鱒の間に境界線ができます…。

あれ?なんか違う…

伝えたい事はそうでなくて…

火の入った、香ばしい鱒と、ねっとりとした、色鮮やかな鱒の身質のコントラストを楽しんで貰おうという作者の意図。

が、あるつもり、

みたい…

らしいよ。

ガスパチョとの相性もばっちぐ~!!

無敵艦隊スペイン代表 「ガスパチョ」と、「鱒」の取り合わせ。

是非お試し下さい。

宜しくお願いし鱒!!


キッシュのホール販売、好評です、引き続き継続していきますので、宜しくお願いします。

それではまた。 タバタ。

ちょっと読み応えないかな?最近…
スポンサーサイト
  1. 2011/06/19(日) 00:07:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<道産ホワイトアスパラの冷製スープ | ホーム | 平目と桃のカルパッチョ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko1231.blog.fc2.com/tb.php/499-247841b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)