TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

南蛮エビとミョウガ、ミモレットの冷たいカペッリーニ

b4c6daf6.jpg
札幌地方、夏日を観測し始めましたね、厨房は早くも真夏日を観測してます。

自称 夏男…ではない。

お祭男…でもない。

タバタです。

見た目で想像されるのもあれなんですケド…

日焼けサロン(日サロ)には行ったことありません…。

ただのジグロです…



気を取り直して。

今日ご紹介するのは、初夏の陽気にピッタリな冷前菜。
「南蛮エビとミョウガ、ミモレットの冷たいカペッリーニ」 1000円です。

この時期、日本海沿岸で揚がる、ねっとりと、絡みつくような甘さが身上の南蛮エビ。タルタル状にしてソースの主役に。

そして、

さっぱりとした永遠の名脇役、決してでしゃばり過ぎない、いぶし銀の茗荷氏(64歳)。…

を、極細麺のパスタ“カペッリーニ”に南蛮エビとミョウガをまとわりつく様に絡ませて、

仕上げには、

カラスミのようなコクを楽しめるミモレットを振りかけ出来上がり。

調理のポイントは、

エビの甘みが引き立つよう、しっかりと塩やレモンを効かせてキレを出し、
冷水に晒すことなく、茹で上がったパスタをボウルに入れ、氷水をカマして一気に急冷。ややもすると、水っぽくなりがちな、カペッリーニをイメージ通りの塩加減に仕上げること(私的見解)です。

隠し味には、



やめた…

隠し味だから隠しとこ、

そんなこんなで、
「コクがあるのに、キレがある」
カペッリーニの出来上がり。

これからの夏、冷やし中華に飽きても、飽きなくても、頂き物の素麺が余ってても、余ってなくても、是非お試し下さい。

美味しいですよ。



前回記事にもありましたように、佐藤が5日を持ちまして、退職しました。
最終日には、多くのお客様にねぎらいの言葉やお花なんかを頂戴して、本人も感慨ひとしおだった模様。

しばらくは、休息をとり、社会復帰するようです。一年三ヶ月ありがとうございました。周年パーティーには顔を出す様です。

新任のホールスタッフには、イタリアンワインバーやフレンチレストラン、などで調理、サービスを経験してきた、樋田 希子(ひだ のりこ)さんが、中期(の予定)ではありますが、働いてくれることになりました。

ツバキホール共々、今後ともよろしくお願いします。

6月14日はお休みを頂きます。宜しくお願いします。

それではまた。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/08(水) 13:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<野菜の煮込みソースのブカティーニ | ホーム | 一年三カ月お世話になりました。>>

コメント

No title

え?!

来週の火曜日、休み???!  

  1. 2011/06/08(水) 19:57:00 |
  2. URL |
  3. フラノマン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

昔、日本で圧倒的に多く使われている「カッペリー二」の表記は、おかしいと憤慨していた記事を見たことがあります。



イタリア語の発音は、「カペッリーニ」のはずだと。

どうですか?
  1. 2011/06/09(木) 23:34:00 |
  2. URL |
  3. ヒウラ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

フラマン様



休みです。
  1. 2011/06/14(火) 08:58:00 |
  2. URL |
  3. タバタ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ちょ、ちょっと、止めて下さい



袋、取り替えようと思ったけど替えがなかったんです
  1. 2011/06/14(火) 22:20:00 |
  2. URL |
  3. ヒウラ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko1231.blog.fc2.com/tb.php/495-e0c7b25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)