TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

イタリア旅行記 その6(ワイナリー訪問)

研修旅行という名目上、お勉強になるようなこともしなくちゃです(・∀・)つ!
レンタカーを駆使して(ピエモンテの田舎の方はさほど鉄道は発達していないしバスの本数も少ないので・・・)ワイナリーも見学に行ってきました!

運転中
ブドウ畑

運転はタバタ氏、オオシロはナビ係りです。
慣れない左ハンドルに道路事情。地図を頼りにするも、地図には載っていない分かれ道が多くて四苦八苦。ひとつの標識も見逃してはいけない!と、地図と道路標識を必死に見比べながら進むのですが・・・数え切れないほど何度も道に迷いました。次回からはカーナビ必須ですっ(`・ω・´)

この日目指したのは、Baroloバローロ村に程近いCastiglione Fallettoカスティリオーネ・ファレット村のワイナリー「Vietti ヴィエッティ」。ワイン誌での評価も高く、地元のアーティストによるアートラベルも個性的で素敵なワインを造っています
迷いに迷いまくって、途中でいろんな人に道を尋ねながら(イタリアの人たち、そんな時ホントーーーーに親切なんですっ)・・・道路沿いに「Vietti」の文字を見つけた時は心からホッとしました Vietti

・・・と言っても、10時半の約束が辿り着いたのは12時近く。大遅刻です
だけど親切なElenaエレーナさんは、「30分しか時間が無いけど試飲だけならいいわよ♪」と言ってくださって、キレイな試飲部屋ですごく丁寧に説明していただきました。
帰り際に「今度はもっと近くに泊まるといいわよ(笑)」と言っていただいて・・・次回は絶対そうして、ちらりと見えたカンティーナも見せてもらおう!と思ったのでした。
それに小高い山の上にあるこの村は、道すがら見ただけですが(レストランの予約時間があったので)町並みもすっごく可愛い!また行きたいなぁ~

   ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、その翌日向かったのはCanaleカナーレ村にあるワイナリー「Monchiero Carbone モンキエロ・カルボーネ」。ツバキホールでも以前から数種類扱っていて、リーズナブルで高品質のワインを造っています

Monchiero Carbone

ここも家族経営のさほど大きくないワイナリー。6年前にできたばかりという清潔な醸造設備やずらりと並ぶ木樽を見せていただいて、「いつも飲んでいるあのワインがここで・・・!」と感激もひとしおでした。
こちらでも色々試飲させていただきました。イタリアワインを、造られた場所で造った人と一緒に飲めるなんて。(´;ω;`)うるうる。

  ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後向かったのは、Albaアルバの市街地の程近くにあるグラッパの製造元Marolo マローロです。グラッパってどんな風に造られているんでしょう~?

Marolo

工場内に入るとすでにいい香りが充満しています。オーナー自ら案内してくださいました。
まずは原料の、ワインを醸造する際に出るブドウの搾りかす「Vinacciaヴィナッチャ」。これは工場に届いてからさらに選別し、いいものだけを使うのだそうです。それを写真上のような蒸留システムで加熱→気化→冷却→液体化。そうしたものが右側真ん中の写真のように、ポタポタとグラッパとなって落ちてきます。おおお~~~!できたてのグラッパ(*´∇`*)!
さらに、熟成をさせるものはバリック樽と言われる木の小樽で熟成されます。この樽の貯蔵庫はさらにいい香り~~~うっとりでした
マローロ社では、ブドウ品種別にだとか、熟成年数ごとにすご~く沢山の種類のグラッパを造っています。さすがに全ては試飲できませんでしたが、いい気分になっちゃいました(笑)。

  ☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

・・・と。今回は事前に日本から予約していた3軒を見学させていただきました。
どこのワイナリーの皆さんも、カタコトのイタリア語や英語しか分からないし話せない私たちに、とっても真摯に丁寧に対応していただきました。本当に有難かったです(´;ω;`)
やっぱり造り手に会って実際の造られている現場を見ると、今まで以上にお酒に愛着が湧いてきます! とってもいい経験になりました(´∀`)
スポンサーサイト
  1. 2009/11/26(木) 23:02:37|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリア旅行記 その6(アルバ街歩きと美味しいレストラン) | ホーム | イタリア旅行記 その5(アグリツーリズモのキッチン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko1231.blog.fc2.com/tb.php/368-6593c9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)