TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

イタリア旅行記 その3(アスティのアグリツーリズモ)

アスティでは、すご~~~く田舎のアグリツーリズモ(農家が営む宿泊施設)にお世話になりました。

このアグリツーリズモ(厳密に言えば、そこで働いている一人の日本人男性)との出会いがなければ、今回の旅はこんなにも素晴らしいものにはならなかったでしょう!! 
Bricco Gallo

      □■□■□■□■□<旅行記その2 のつづき>□■□■□■□■□

さてさて、トリノから列車に乗ってアスティにたどり着いた私たち。ここからは事前にネットで予約しておいたレンタカーでの移動です。
さぁ、レンタカーの営業所はどこだ~?と、住所と地図を片手に重いスーツケースをゴロゴロさせながらうろつくも・・・・・・見当たらない・・・それらしき看板もショップも無い・・・・・
なぜ~~~?と、途方に暮れて何度も同じ所をぐるぐるしていると、おじさんが一人、ニコニコこちらを見ています。聞いて欲しそう(・∀・)
「すみませ~ん」と声を掛けると、やっぱり嬉しそうに、住所の方に連れて行ってくれました
が、しかし見つからない・・・「番地はこの辺なんだけど・・・おかしいなぁ・・・。おい、パオロ!このレンタカーショップを知らないか!?」
と、たまたま通りかかったお友達なのか、おじさんもう一人を巻き込んで捜索するも、やはり見当たらない・・・
「電話しよう!」と親切にも自分の携帯から電話を掛けてくれました
すると、なにやら突然笑顔になって「なんだ!俺の友達だったよ!すぐそこだ!」と、目の前にあったガラス張りのお店(?)へ。看板も何もなくて、おばちゃんが一人。中のカウンターをよ~く見ると予約したレンタカー会社のパンフレットが置いてあるだけで、なるほどこれは分からないわけだ、と何度も前を通ったそのお店の中で納得したのでした

なんとかかんとか手続きも済ませ、いざアグリツーリズモのあるTigliore ティリオーレ(その2の地図のAstiの左横)へ出発!!おばちゃんと、車を持ってきてくれた息子さんの2人は、イタリア語も英語も拙い私たちをそれはそれは心配そうに見送ってくれました(´・ω・`)ノ。

うまくいけば20分で到着の道路を、倍以上の時間をかけてたどりついたのが、今回2泊をお世話になったアグリツーリズモ「Bricco Gallo ブリッコガッロ」。そして出迎えてくれたのがこの方、「市原さん」です!!!

市原さん

このアスティのティリオーネという田舎のアグリツーリズモで、日本人が働いているということを知ったのは、イタリア旅行が決まった2ヶ月ほど前。
インターネット上のイタリア関連コミュニティで、ピエモンテのアグリツーリズモを探していたのがきっかけで知り合い直接連絡を取らせていただき、旅に出る前から滞在中まで、それはそれはお世話になりました。
このBricco Galloの予約はもちろん、それ以外のレストランやトリュフ狩り体験の予約やいろんな地域の情報の下調べや・・・・・。
市原さんとの出会いが無ければ、こんなにも充実した旅にはなりませんでした。本当に感謝しています(´;ω;`)。

そんな市原さんが働くBricco Galloでは、葡萄を育ててワインを造ったり~、
ピエモンテ牛という牛を育てていたり~、サルシッチャ(ソーセージ)などを作って敷地内のお肉屋さんで売っていたり~、土日のみのレストランや宿泊施設を併設していたり~、といろんなことをしています。

私たちが着いたのは平日で通常のレストラン営業は無かったのですが、市原さんのご好意で特別にピエモンテ料理のディナーを用意してくださいました!

ブリッコガッロ 食事

自家製サラミや、地元のピエモンテ牛を使ったお皿、ラビオリにミネストローネ、チーズにドルチェと、た~~~ぷり!
その上、今年採れたBarbera バルベラ種から作ったワインNovello(新酒)をはじめとしたワインもたっぷり!!
中でも、日本の霜降り牛とは全く違う脂身の無いピエモンテ牛で作った「Carne Cluda カルネ・クルーダ」(写真中央)という、生肉を細かくたたいて塩コショウ・オリーブオイル・レモンで味付けただけというシンプルなお料理は初めて食べる美味しさ!お肉とは思えないくらいあっさりしていて、いくらでもパクパクいけそうでした。
どれも美味しくいただいてお腹いっぱいまったり時間は流れ、札幌で見られる3倍くらいの満天の星空に驚きながら、、、夜は更けていくのでした

書きたいことがありすぎて長くなりましたが・・・Bricco Galloについてはまた続きます


☆Bricco GalloのHPはこちら
☆市原さんのブログはこちら→「北イタリアの農園ホテルで働くイチハラヨシノリのブログ」
スポンサーサイト
  1. 2009/11/21(土) 02:29:14|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<緊急告知!年末オードブルの販売と年末営業について | ホーム | イタリアから持ち帰ったもの。>>

コメント

No title

ユキコさん こんにちわ!

イタリア旅行 とても充実されたようで、良かったです!

イチハラから旅の様子などいろいろ聞いていましたが、 こちらのブログの写真や文章からを読んでますます情景がハッキリしました♪

偶然書き込みを見つけ、勇気を出して連絡させていただいて良かったです!私もまだBricco Galloへは行った事がないのですが、ブログを読んでますます早く行きたくなりました

わたしも札幌へ行った際は、必ずTSUBAKI HALLへ立ち寄らせていただきます

ではでは~
  1. 2009/11/23(月) 17:40:00 |
  2. URL |
  3. たむりえ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

>たむりえさん、こんにちは!

ブログを見ていただいているようで嬉しいです♪

たむりえさんからのBricco Galloの紹介のメッセージが無かったら、こうして市原さんにお会いすることもアスティに行くことも無かったんだなぁ・・・そう思うと、本当に人の縁って有難く不思議なものですね。

素敵な出会いと体験をさせていただき、とっても感謝しています



イタリアもピエモンテもBricco Galloも、とっても素敵な所でした!なにより人が!行かれる際は楽しんできてくださいね☆

札幌にもぜひ遊びにいらしてください喜んでおもてなしさせて頂きます
  1. 2009/11/25(水) 22:11:00 |
  2. URL |
  3. オオシロ@ツバキホール #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko1231.blog.fc2.com/tb.php/365-51acbbd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)