TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

イタリア産ポルチーニ入荷。

0ff96e2d.jpg

29f64b73.jpg

タバタです。

イタリア産ポルチーニ入荷してます。

お店のメニューでは、イタリア産ポルチーニとトリッパのストゥファート
1500円

温かい前菜としてお出ししてますが、
パスタやリゾット、お好みの調理方法でもお出ししますのでリクエストお申し付け下さい。

下の写真は仔鳩のローストトリュフ風味のザバイオーネソース(この他に内臓のコロッケが付きます) 残り1羽です、こちらも宜しくお願いします。

短い更新です、それではまた。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 13:13:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キッシュのホール販売始めます。

aba434c3.jpg
こんにちは、タバタです。 ツバキホールの数少ない? 人気メニューの一つ。 「Quiche」キッシュのホール販売を始めました。 かねてから、いつかやりたいなぁ、とは思っていたのですが、なかなか、行動に移せなくて… 価格は、1500円。2日前迄の要予約で、具材は基本的にはベーコンと玉ねぎの “ キッシュ ロレーヌ ”です。その他、具材について、リクエストがあればなんなりと、お申し付け下さい。 サイズは直径15cmくらい(写真をご覧下さい。)、CDよりも一回りくらい大きなサイズです。 高さは4cm弱、お二人で、軽いお食事に、3~4名様くらいでちょっとしたツマミになる位の食べ切りサイズと言ったらよいでしょうか? 昨年のオセチックをお買い上げ頂いたお客様、あのサイズです。 またまたあぐら家具企画さん謹製のボックスに詰めてお渡しします。 リサイクル可能で、二回目からお買い上げのお客様、ボックスを持参して頂けたら、100円引きとさせて頂きます。 ひとまず、このワンサイズで販売してみます。ホームパーテーや休日のブランチなんかにいかがですか? 今から15年ほど前、初めて厨房で働いたお店のメニューにあったキッシュ。 キッシュってなんだべ?と言った感じの、ド素人の僕は、小麦粉や卵、バターなどの“ 素材”が、人の手を介して、キッシュという“ 料理 ”が出来上がるのを見て、すげーなー、と、感動したのを覚えています(今思えば、あまり美味しくなかったけど…) その感動を胸に秘め、キッシュには特別な思い入れがあります。 ツバキホールの前身、くろねこから数えて、11年、いまままで何億回作ったでしょうか… 一年が365日だから、ざっと計算して、約4000日だからぁ… やめた…とにかく、 紆余曲折。 試行錯誤。 七転八起に、 独り切磋琢磨…。 なんかを経て、今に至るキッシュ。 もっともっと美味しいキッシュを作れるよう、これからも努力していきます。 いろんな思いが詰まったツバキホールのキッシュ、宜しくお願いします。 価格 1500円(税込) サイズ 直径 約15cm 高さ 約4cm ご予約はお電話、又は店頭にて、2日前迄の要予約とさせて頂きます。
  1. 2012/05/25(金) 17:59:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お陰様で7周年。

3ac2bcda.jpg

7669d638.jpg

70c864d6.jpg

タバタです。

早いもので、6月7日を持ちまして、ツバキホールは無事7周年を迎えます。

月並みですが、これもひとえにツバキホールにご来店下さるお客様はもちろん、スタッフ、業者さん、その他お店をとりまく全ての方に支えられてこうしてまた今年も6月7日を迎える事ができそうです。

あらためまして、この場を借りて御礼申し上げます。

毎年恒例となっている周年パーティー、今年はスバリ、行いません。

その代わりと言ってはなんですが、6月7日~9日の3日間はささやかではありますが、食前酒としてスプマンテをお一人様一杯サービスさせて頂きます。

また、期間中は普段なかなかグラスでは開けないワインも特別価格で開けちゃいます。

さらにさらに、なんか特別メニューもご用意してお待ちしております!
今考えてます…

あまりパンチのない告知かもしれませんがきっと来て頂いたお客様には満足してもらえるような企画を、ご用意する予定(は未定…)。

皆様お誘い合わせの上、ご来店お待ちしております。


最近のメニューより
・天然カンパチのカルパッチョと水ナスのサラダ 柑橘のヴィネグレット
・ミンククジラのカルネクルーダ
・ほたるいかと笹竹のサラダ黒オリーブ風味
・メジマグロのタリアータ 新玉ねぎのサラダ添え
・平目のインボルティーニ(写真)
・アスパラガスとムースロン(しばふ茸)のタヤリン
・道産仔牛を詰めたアニョロッティプリン
・牛テールと原木椎茸のファゴット
・仏ランド産窒息仔鳩のローストトリュフ風味のザバイオーネソース
・ピスタチオのトルタと杏のソルベ
・ブネーとバルベーラのジェラート

などなど、いろいろご用意しております。

5月もラストスパート、みなさんよろしくお願いします。
  1. 2012/05/25(金) 16:49:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン会終了しました!

65547fc1.jpg

c8855f28.jpg

1fa8eb58.jpg

タバタです。

昨日無事にワイン会終了しました。

お越し頂いた皆様本当にありがとうございました。

僕自身の性格なのですが、かなり緊張しました。(プレッシャーに弱いタイプ)

馴染みのお客様にも来て頂いてましたが、大半は初めてのお客様。

でも、最初にご挨拶をして、付き出しをお出ししたらもう待った無しです。

いつも通りに、と、開き直って。

そして理恵さんのピエモンテ話なんかも交えながら、途中から僕達もなんだかとても楽しくなり、全8皿のお料理と7種類のワインをゆっくりと3時間ちょっとかけて堪能して頂けたのではないでしょうか。

ちなみに当日のメニューはこんな感じ。

・付き出し
道産ホワイトアスパラのスフォルマート
・前菜の盛り合わせ
ヴィテッロトンナート、塩タラを詰めたペペローニインボルティーニ、
ミンククジラのカルネクルーダ、
カルヒエッテ
・屈斜路湖産ヒメマスのアルネイス風味 越冬インカとアスペルジュソヴァージュのバーニャカウダ和え
・パニッシャ
・芽室産グリーンアスパラガスのタヤリン サマートリュフ添え
・道産牛頬肉のバルバレスコ煮
ゴルゴンゾーラ風味のポレンタ添え
・フォルマッジョ
・ブネーとバルベーラのジェラート

メニューに関してはギリギリまで悩みましたが、ピエモンテらしさは出せたのではないかなぁ、と、思ってます。

今回は僕も改めていろいろ勉強し直して、新たな発見なんかもあったりとてもいい経験になりました。

ご来店頂いた皆様はもちろん、今回このような機会を設けて下さった理恵さん、フェルミ工藤さん、本当にありがとうございました。

地方色が濃いイタリア伝統料理。なぜそこにはそういう料理が根付いたのかを掘り下げる作業が僕は好きかも…

なんか改めて考えると…



イタリア料理店として頑張っていきたいな、と、深く、強く思ってしまいました…。

地方料理の集合体と言われる「イタリア料理」、実はその言葉はとても曖昧な表現でもあり、広く浸透させてくれる言葉でもあります。

僕にとってのイタリア料理は言わずもがな、ピエモンテ州。

銀行でも行こうかな…

いや、やっぱりやめようかな…

どうしよう…



それではまた、 タバタ
  1. 2012/05/18(金) 17:02:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイン会のお知らせ。

タバタです。

先日のLa Blancheurさんとのコラボレーションも記憶に新しい早春の候。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて…

間髪いれずにコラボレーション企画第二弾!!

今回は、北イタリア ピエモンテ州ノヴァーラ県在住、ワインの輸入販売、日本への観光誘致etc…

様々な形で日本とイタリアとの架け橋的なお仕事をされてるA.I.S(イタリアソムリエ協会 シニアソムリエ)の奥山理恵さんをお招きして、奥山さんセレクトのピエモンテワインと、これまたチーズ専門店のFERMIERさんと、なぜか、ツバキホールとのトリプルネームコラボレーション!!

きっかけは、昨年末お客様の紹介でちょうど来札されていた奥山さんをご紹介していただきました。

ピエモンテ話で盛り上がり、意気投合。ワイン会でもできたらいいですね、と言った感じで今回に至りました。

理恵さんセレクトのワイン、フェルミエさんのチーズ、そしてツバキホールのお料理で楽しんで頂こうというこの企画。

早めに告知しようと思います。
ツバキホール単体では集客力があれなので…。

そして、しばらくこの記事をトップ下に(サッカーみたい…)。

えっと…

日時 5月17日 木曜日 19:00~

会費 8500円(税込)

定員 16名様

ご予約はお電話にて011-271-9614

お料理は、前菜からドルチェまで全7品程度を予定しています。

ワインももちろんオールピエモンテで数種類予定されているようです。

この企画、8500円と少し高値ですが、とてもお得だと思います。

語弊を恐れずに言えば、僕にとっても、やりたいことを出せる機会です。

初夏(でもないか…)の北海道の食材を
僕が学んできたピエモンテの郷土料理に落とし込み、ワイン、チーズを楽しんで頂こう、というこの企画、タヤリンや、ノヴァーラの代表的な郷土料理“パニッシャ”、メニューをあれこれ考えるだけでも今からわくわくしてます、皆さんのご参加お待ちしております、宜しくお願いします!

あ、因みに理恵さんのブログ
「北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして」
は、現地のリアルな情景がアップされていてとても面白いです、皆さんも是非ご覧になって見てください。

それではまた。 タバタ

今日は写真ナシです。
  1. 2012/05/17(木) 15:11:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日5月12日のランチは貸切営業。

b79a3813.jpg
タバタです。

明日のランチは貸切営業となっております。

告知が遅れて申し訳ありません。

宜しくお願いします。

お客様の小さな結婚パーティー、と、いうか、お食事会。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

本日はこれにて失礼します。
  1. 2012/05/11(金) 16:56:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トロフィエ

8772411d.jpg

07503b44.jpg

9e78ebf9.jpg

タバタです。

ずいぶんご無沙汰しておりました。
ゴールデンウィーク皆様いかがお過ごしでしょうか?

ご報告が遅れてしまってましたが、
実は、このツバキホール便りもゴールデンウィーク休暇を頂いておりました…

後付け…

すいません…

今日はパスタのご紹介。

写真は「トロフィエ 塩鱈とじゃがいものジェノベーゼソース和え」

鮮烈な香りを放つバジル、香ばしい松の実、ペコリーノ、オリーブオイルなんかで構成されるペスト・ジェノベーゼ。

イタリア料理を代表するパスタソースの一つですよね。

産まれは北イタリア、リグーリア州、
ジェノバ。

特産のバジルをふんだんに使ったこのパスタソースに合わせるのは、これまたリグーリア州の代表的なパスタ
“トロフィエ”

北イタリアにしては珍しく、卵の入らない水と粉だけで練るパスタです。

もちもちとうどんのような食感、のどごしが信条のこのトロフィエ、爽やかなバジルの香り、チーズや松の実のコクとあいまって、大変美味です。

是非ご賞味下さい。


~お知らせ~

ツバキホールのFace Bookページができました、おすすめメニューや毎日の出来事、いろいろお知らせしますので良かったら、「いいね!」ポチッとお願いします。

あ、あとアミガサタケが採れたしました、こちらはまた後日改めて。

それではまた。 タバタ
  1. 2012/05/04(金) 23:51:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2