TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

十勝方面の皆様こんにちは(こんばんは)

db2b46ea.jpg
タバタです。
この度、十勝地方のフリーペーパー
「Chai(チャイ)」さんにツバキホールが掲載されました、3月12日の札幌駅から大通りまでの地下歩道開通の特集で近隣の飲食、物販のお勧めのお店の一件として、紹介して頂きました、
十勝方面の皆様、札幌にお越しの際はぜひぜひランチにディナーにお立ち寄り下さいませ。宜しくお願いします。

只今2時過ぎ、札幌はまたしてもしんしんと雪が降っております、かなりフライング気味に昨日は自転車通勤してしまいました….
また暫くは自転車お預けだろなー…

最近のメニューより
・池田牛のタルタル"カルネクルーダ”
1250円
・塩鱈と筍の白ワイン蒸し 1100円
・キタアカリのニョッキ 自家製サルシッチャと越冬キャベツのトマトソース 1200円
・いろいろなきの子のタヤリン 1200円
・鴨モモ肉と芽キャベツのガルガネッリ 1300円
・リゾットを詰めた桜姫鶏のロースト
1800円
・金華豚のローストマルサラのソース 1950円
・ホワイトチョコと白ごま、マスカルポーネのセミフレッド アッフォガード仕立て 600円

etc…
いろいろご用意しております

先日ご案内させて頂いた、ホワイトアスパラガスやきの子等の海外組は明日入荷予定です、日曜日から徐々にメニューにオン リストするかと思います、こちらもお楽しみに。
それでは皆さんよい週末をお過ごし下さい。 タバタ
スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 02:12:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

きの子栽培。

928a5ccd.jpg
タバタです。
今日は、いつもとは違う切り口でお送りします。

3週間ほどまえの休日に、とあるホームセンターで買い物をしてたら、写真のきの子栽培キットなるものが、セールで500円(くらい)で売っていたので、どんなもんかと思い、思い切って買ってみました。
毎日頭の中にはキノコの事が大なり小なり駆け巡っている僕にとっては、かなりの刺激物。
説明書きには、水を浸して温度を調整して…カクカクシカジカ、とあります。二週間程できの子が…とありました、二週間をすぎてもきの子が生えてこないので、ダメだな~と思ってたら、日曜日帰宅後ご覧の通りいきなりきの子がおがってました、金曜日の夜には何も変わりなかったので、本当にびっくりしました、むくむくと立派に育ったきの子、昨晩の我が家の夕食に上がりました、あまり食べる気にならなかったのですが…味わいは、エリンギのような、オニイグチのような…
シメジとありましたが、ガシガシした食感で、シメジとはちょっと違いました。でも、きの子が生えてきたことが嬉しくて…
お店では勿論お出しすることはありませんが、雪深い二月に改めてきの子に思いを馳せてしまいました…

今週も宜しくお願いします。
タバタでした、
  1. 2011/02/23(水) 01:49:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カルヒエッテって知ってますか?

8764d1b0.jpg
タバタです。

札幌はまた雪が降ってしまいました。
このまま春に向かう訳はありませんね…でも冬のピークはきっと過ぎたはず。

前回ご紹介した、ババはなかなか好評で嬉しいです。
そんな勢いにのって、今日も新メニューのご紹介。
写真は“Calhiette”(カルヒエッテと読みます。)のオーブン焼き 800円

ミンチにした豚肉とすりおろしたじゃがいも、玉ねぎを団子状にまとめ、蒸してからチーズをふりかけオーブンで焼き上げたピエモンテ州の郷土料理。(らしいです)

イタリアでも、日本でも、お目にかかったことはないのですが、本を読んでたら素朴な感じで美味しそうだなぁと思い作ってみました。

シナモンやナツメッグを効かせてふんわりと蒸しあげたカルヒエッテに香ばしいチーズのかほり、ワインとの相性も宜しいかと思います。僕は美味しいと思いました。
青々と蒸しあげた今が旬の寒締めほうれん草を添えて…

騙されたと思って皆さんいかがですか?

以前は食べた事もない料理を提供するのはいかがなものか、と思ってましたが、いろいろ作ることによって新しい発見や再認識する事があるので僕にとっては勉強になるのでメニューにしてしまいました。お許し下さい。そしてまたいつの日か現地の料理と自分が作る料理を比較できればな、と思ってます。

来週中には、フランス産のホワイトアスパラガス、ホロホロ鳥、ヨーロッパのキノコなど春の使者が大挙来日します、入荷次第ブログでもご紹介させて頂きますんで、こちらも宜しくお願いします。

それではまた、
僕はなかなか風邪が完治しません、皆様も体調にはお気を付け下さい。
  1. 2011/02/20(日) 01:20:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Baba

7966b196.jpg
タバタです。雪まつりも終わり、弥生にまっしぐらの今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕はと言えば、風邪をぶり返したりなんだりで、今ひとつ本調子ではありません。

が、しかし、世の中はそんな事情もお構いなしに過ぎて行きます…

本題に入ります。今日ご紹介するのはイタリア カンパーニャ州 ナポリの郷土菓子 "ババ” です。
簡単に言うと、ブリオッシュ風のスポンジをラム酒が効いたシロップに漬け込んだR20指定のアルコール感たっぷりのドルチェです。

名前の由来は諸説あるようですが、代表的なのは、18世紀フランスに亡命中のポーランド王がクグロフにシロップを漬け込んだデザートを考案。その王様はアラビアンナイト(千一夜物語)が好きで、アリババからババと名付けたとか、それをイタリア人のお抱え料理人がイタリア(ナポリ)に持ち帰って広めた というのが一般的なようです。
が、ある記述には、ナポリ人のババという名前の菓子職人が考案し、ナポリ人が誇るドルチェとして広まった ともあります。後者の方がいかにもイタリア人らしいですが…

なんとなく作るのを遠ざけていたドルチェの一つです。だって18世紀まで遡る伝統菓子。工程自体はシンプルですが、そんな歴史ある物を、ロマンチックな逸話を持つお菓子を21世紀を生きるジャポネーゼの僕が…

でも作っちゃいました、ラム酒をガッツリ効かせて。
お酒の弱い方にはオススメできませんが、一緒にナポリに思いを馳せてみませんか?

余談ですが、ナポリを旅したお客様の話によると、街のあちこち(路上)にお花が飾ってあり、綺麗な街と最初は思われてたようですが、後にその花は献花だと知り、治安の悪さを肌で感じたそうな…

でもこれ、アカヤマドリダケの幼菌に似てるなぁ~ 早く雪とけないかな。

ともあれ、ババをよろしくお願いします。
  1. 2011/02/16(水) 01:45:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

二月ですね

c29cbd15.jpg
今晩は、タバタです。
あっという間に二月突入。この勢いで早く三月になって欲しいです。

札幌地方昨日からの大雪で、また雪深い街になってしまいました。
雪かきが大変です。

さて、写真はただ今提供中の前菜
「鰊(にしん)のマリネ、独活(うど)とグレープ
フルーツのサラダ」です。

ビネガーで軽く〆た鰊と、ほろ苦い独活、みずみずしいグレープフルーツ
の取り合わせは、ただ今ツバキホールのメニューのさっぱり部門
(冴えない方じゃなく、味わいが…)第一位だと思われます。

この他にも
・天然カンパチのカルパッチョ 牡蠣と黒オリーブのソース 1250

・塩鱈と寒締めほうれん草の白ワイン蒸し 1100円
・昆布森産 牡蠣のサルティンボッカ
1200円
・鴨腿肉のラグーと芽キャベツのガルガネッリ 1300円
・真ダチのスパゲッティ カルボナーラ
1400円
・仔牛のカツレツ 1800円
・金柑のコンポートとマルサラのジェラート 550円

など、いろいろありますんで、よろすくお願いします。

以上
営業中にも関わらず滞りなくブログ更新してしまった、タバタがお届けし
ました。皆さん風邪などひかぬようお気をつけ下さいね。
  1. 2011/02/01(火) 19:19:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2