TSUBAKIHALL便り

日々の出来事や新メニュー情報などをお知らせします。

イタリア旅行記 その10(帰国)

一夜明けて、イタリア出国の朝。
まだ空も暗い朝早くの列車に乗り込み、出発空港のあるミラノへと向かいます。

ミラノへ


約1時間半後。ミラノに着くと、旅行中ずっとピカピカに晴れていた太陽が隠れ、どんよりとした曇り空
「イタリアが、私たちが帰るのを悲しんでますね。」
なんてメルヘンチックな事を言ったのも、半分冗談、半分本気だったり(笑)

重い重いと引っ張って歩いていたスーツケースの重さは、チェックインの時にドキドキしながら量ってみると・・・オオシロ:30キロ。タバタ氏:32キロ。
20キロの重量制限をいとも軽~くオーバー。そりゃそうか・・・、なんたってオオシロのスーツケースにはお酒のボトルだけでも7本も入っています
タバタ氏は・・・完全に作戦ミスですね。よく見たら機内持ち込み用の手荷物のバック、まだまだ余裕がありましたもの
温情酌量かなんなのか、オオシロの10キロオーバーは課税無しで通してもらえましたなんてラッキー!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
残念ながらタバタ氏の12キロオーバー分は、4キロ分のオーバーチャージ(120ユーロ)を支払う羽目に・・・。それでも3分の1で済んだのだからかなりラッキーですね。受付のお姉さんに感謝!!

「まだ帰りたくなぁ~~~いっ」と心の中で叫びながら・・・・・・私たちの5泊7日のイタリア旅行は幕を閉じたのでした。

○        ●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○

今回の旅、美術館や博物館やドゥオモや・・・観光めいたことは一切しなかったけれども、十二分にイタリア(の中でもごくごく一部ではあるけれど)を満喫できたと思っています。
それは、美味しいものを食べたり現地のワインを飲んだり町並みに感動したり、といったことももちろんだけども、それ以上にイタリアの人たちとの温かいふれあいがあったからです。

レンタカーの2人とたびさんレンタカーの2人とオオシロ

旅立つ時にとっても心配してくれて、3後日返却の時間、戻ってくるのを心配そうにガラス窓から覗いて待っていてくれた、アスティのレンタカーのお母さんと息子さん。車を返した後も駅まで送ってくれました。

駅で“到着”列車の時刻表を見ながら「買ったチケットの“出発”時刻が変更になっている」と勘違いして、BARでのんびりしていた私たちに気づいて、わざわざ教えに来てくれたおじさん。一言も直接話していないのに、隣にいた私たち2人の会話から察して教えてくれたんです!

ミラノの駅で空港までの行き方を聞いたお姉さん。「ありがとう」と別れた後にも関わらず、追いかけてくれて「やっぱりこっちの行き方のほうがいいみたい!」と教えてくれました。

約束の時間に遅れたにも関わらず温かく親切に迎えてくれた、ViettiのElena、Monchiero CarboneのLucrezia、Maroloのオーナー、トリュフラウのGiorgioとNatale。

レンタカーの返却時間を変更するために、拙い私の言葉を理解しようと必死に聞いてくれて電話してくれたFONTANAFREDDAのお姉さん。

移動時間の半分は迷子になってたんじゃないか、っていうくらい道に迷いまくった私たちに、聞けば誰もが嫌な顔せず丁寧に教えてくれました。そればかりか、地図を持ってキョロキョロしていると「なにか手伝う?」とすすんで助けにきてくれたりも!

そしてもちろん、Bricco Galloで働く市原さん、帰りに自家製ワインを持たせてくれたシャイでかわいらしいオーナーのMarcoをはじめ、Bricco Galloで出会った人たち。

       市原さんとマルコと

イタリアで出会った全ての人たちに感謝です。本当にみんな「どうして!?」って思っちゃうくらい優しいんです。
美味しかった料理もワインも忘れたくないけれど、イタリアでたくさんたくさん優しくしてもらった事を、なによりも忘れたくないなぁ、と思っています。

            おしまい

長々とした文章をここまで読んでいただいた皆さま、本当にありがとうございますm(_ _)m
自分で考えていたよりも随分と長くなってしまいました、この旅行記ブログ
それだけ振り返ってみると内容が濃かった、ということでしょうか?
皆さまへのご報告♪・・・で書き始めたつもりが、結果としては自分自身への備忘録になってしまったような・・・

ピエモンテにしか行っていない私が言うのも説得力はありませんが・・・。たぶん同じくらい素敵なところも山ほどあるのでしょうが・・・それでも声を大にして言いたいっ

『イタリアは、ピエモンテは、いい所でしたよーーーっ!!』

さて、明日からはツバキホールの日常ブログに戻ります♪
今後こんなにも毎日更新することはないかと思うので、期待はしないで下さいね!(笑)

とりあえず明日か明後日、12月限定のピエモンテコースのメニュー発表します。(コースは来週8日から12月末まで提供予定です!)
スポンサーサイト
  1. 2009/12/05(土) 05:35:07|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イタリア旅行記 その9(イタリア最後の夜inトリノ)

とうとうイタリア滞在も実質最後の日!
実はこの日の予定は全く決めずに旅をしていて、もし出来たらピエモンテの隣の州・リグーリア州にも寄ろうかと思っていたのですが・・・・実際に5日間旅をして学んだのは、「初めての土地は難しい!」という事。土地勘が無ければ何もかもに時間がかかるし、思いもよらないハプニングが必ず起こるし・・・
ということで、結局ピエモンテを出ずに来た道を戻ることにしました
*リグーリアはバジルのペースト「ジェノヴェーゼ」で有名な町・ジェノヴァのある、魚介料理豊富な海に面した州です。

FONTANAFREDDAを後にした私たちは、アルバの町でお買い物した後、アスティまで移動してレンタカーを返却し、列車でトリノへ向かいました。
トリノは中央駅周辺にホテルが沢山あって便利!駅のインフォメーションでホテルリストをもらい安くて近いホテルを探して無事チェックイン。
前回行きそびれたトラットリアへの予約をフロントにお願いして(営業時間前で電話が繋がらなかった為)、夜のトリノ散策に出ました


トリノ夜

夜のトリノはあちこちがライトアップされていて、昼間とはまた少し表情が違います。メインストリートはアーケード街になっていて、あちこちで音楽の演奏をしていたり、地元らしきお洒落な人たちが街歩きを楽しんでいたり。
ショーウィンドーのディスプレイがどの店も素敵なので、眺めながら歩くだけでも楽しいのです!ウィンドーショッピングという言葉は、こういうことを言うのだなぁ、と。

ちょっと喉が渇いた私たちは、喉を潤しに老舗のBARでビールをオーダー。
そうしたら・・・・一緒に出てきたつまみの量がハンパない!(笑)全部食べたら食事前にお腹いっぱいになっちゃいます
いろいろな具材を挟んだり載せたりしたフォカッチャが5種類くらい出てきたのですが、中でもおかしかったのが、フォカッチャの間に味付けされたバゲットの薄切りが挟まれていたこと!(゚ロ゚;)エェッ!?
パンにパンを挟むなんて・・・今までに無い発想でビックリ。味はとっても美味しいのですけど

街歩きを楽しんだあとは、地下鉄で移動して少し郊外の例のトラットリアへ。
「ホテル○○から予約した・・・」と伝えると「scuisi!(ごめんなさい)!」との返事。
聞けば、ホテルから予約の電話が入った時点でもう満席だったのだそう。わ~お、人気店!
ますます行きたくなった私たちは、遅い時間なら空いてるかも!と、近くのもう1軒のトラットリアで食事をして2次会でもう一度リベンジしてみることに。

trattoria

入ったトラットリアはなんとか空席があり、席に通してもらえました♪2軒目を控えているから、とセコンド(メイン料理)は後で考えることにして、アンティパストとプリモをそれぞれ注文
タバタ氏は、
「Girello di vitello in salsa tonnnata 子牛のツナソース」と
「Agnolotti alla casalinga 自家製アニョロッティ」。
オオシロは、
「Peperoni con bagna cauda パプリカのバーニャカウダ」と
「Zuppa rustica di fagioli e farro 豆とスペルト小麦の田舎風スープ」。

前菜はなるべくピエモンテらしいものを。日本のイタリアンでも定番的な2皿です。どちらもシンプルでなんの飾り気もありませんが、とっても美味しかったです!「これが本場の・・・」とふむふむ言いながら食べました
プリモは、運ばれた瞬間に目が点に・・・(゚∇゚ ;)。写真では分かりにくいのですが、やっぱりここでも量が多い!オオシロに至っては、「スープなら軽いしお腹にも優しい♪」との目論見で頼んだにもかかわらず・・・か~な~り、ボリューミー
タバタ氏のアニョロッティも、パスタの中に具材のお肉が入っている上、さらにミートソースかかってます(笑)。
「セコンド頼まなくてよかったぁ~」と気持ちを落ち着かせ、美味しく平らげました!ドルチェに、ピエモンテ名物のチョコレートプリン「bonet ボネ」を頂いて。

さぁ、さっきのトラットリアにリベンジ!
ここも、サリュの福島さんがイタリア滞在中よく通っていたお店だと紹介してもらいました。
Antica serre

「Buona serra!2人座れますか~?」
と、ドキドキしながら入ると、さっき来たのを覚えていてくれて、「さっきはごめんなさいね!ちょうど空いた席があるからどうぞ!」・・・ほっ。よかった~

メニューもワインリストも、模造紙にボールペンで手書きで書いたようなそっけないもの。グラスだってけして上等のものじゃない。だけど、店内は活気があってみんなとっても楽しそう!サービスのスタッフもとっても感じが良くて(タバタ氏「かわいいかわいい」を連発W)、すっごくいい雰囲気です
隣のテーブルでは男性5人くらいがすでに食事を終えた様子。(日本のレストランではあまり見かけないけれど、イタリアでは男性同士が連れ立って食事する姿がとっても多く感じました)テーブルの上を見ると、空になったワインボトル数本に、グラッパのボトルも空きそうですw(゚o゚)w オオー!(グラッパもボトルで飲んじゃうんだ・・・)。おっと~、さらにドルチェと、甘いデザートワインもボトルでオーダーしました~!!・・・・・・・・さすがイタリア!

そんなイタリア人たちを横目に、私たち2人はすでにお腹いっぱい気味。さっきのお店でワインも1本空けてしまったのでもう1本はいけなさそう・・・
(旅先では胃も緊張しているのか、思うようにたくさん食べたり飲んだり出来なくて、すっごく残念でした。号泣)
てことで、ワインを小さめのデキャンタで、「Antipasto misto 前菜盛り合わせ」をひとつオーダー。
運ばれてきたAntipastoはやっぱりボリューミー。一皿に生ハムやチーズなど、もう一皿にチーズのかかったレタスと洋梨とくるみの、たっぷりのサラダ。あとからほうれん草とチーズの温かいタルトのような一皿、と合計3皿も出てきちゃいましたΣ(´д`;)うっ・・・お腹いっぱい・・・
はちきれそうになりながら、デザートにパンナコッタを一皿注文。そしたら「間違って作っちゃったからこれもどーぞー」と、キャラメルプリンのサービスも・・・。

ああ、苦しかった~ でもとっても楽しくて素敵なお店でした!今度はしっかり食事もしに行きたいなぁ・・・

☆1軒目のレストラン Antica Trattoria delle Langhe
                               Via Capriole 45,Torino

☆2軒目のレストラン Antica Serre
                                Via Cenischia 9,Torino 

最終地下鉄を逃した私たちは、歩いて途中からバスに乗ったのですが・・・・
乗る時も降りる時も料金を払わなかったんです。周りの人も払っているのを見なかったし請求もされなかったし、料金表も無かったような・・・?いつ払えばよかったんだろう・・・。いまだに不思議です

長々続いたイタリア旅行記も次回いよいよ最終回!とうとう帰国します・・・・。
 




  1. 2009/12/04(金) 00:03:34|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イタリア旅行記 その8(チェーザレシェフのレストラン)

ピエモンテに旅行することが決まり行き先を調べていく中、かなり早めの段階で「行きたい!」と心に決めていたのが、Cesareチェーザレシェフのレストラン。
ミシュランなどの評価本には掲載を断るという、こだわりのシェフで地元では有名らしいCesareさんのお料理は、食べた人を感動させるパワーがある、と聞いて。
ご自身のお店は1年前に閉められたそうで、今は大手のワイナリー「FONTANAFREDDA」の中のレストランで腕を振るっていらっしゃいます。

ということで、張りきって、そのリストランテと併設のホテルを予約!訪れるのを楽しみにしていました♪ 


シェフ
リストランテ

左の写真がシェフ。オープンキッチンになっていて、セレブっぽい方々がチェーザレシェフ目当てで来ているようでした。

コラージュ Cesare

頂いたお料理は、個性的なものばかり!
それになにより、コース料理一本なのですが品数が多い!!Σ(・ω・ノ)ノ
食事前に渡されたメニューを見ると、前菜4皿+プリモピアット2皿+セコンドピアット(メイン)2皿+ドルチェがなんと5皿!?!?

右上の写真から時計回りに・・・(日本語はオオシロの意訳です)
まずはFONTANAFREDDAのスプマンテ。
Baccala con crema di patate rosse di Garessio
 塩鱈とじゃがいものクリームの前菜
Filange di trippa con cicorino e mirtilli
 トリッパとチコリとコケモモ・・・とメニューにはありますがおそらくブルーベリーでした。不思議な組み合わせ~
Porenta con salsa di castagna
 ポレンタと、栗のソース・・・チーズたっぷりの下にポレンタ、栗のクリームソース、半熟卵が層になっています。
Delizia ottobrina con torinambur e porcini
 キクイモとポルチーニの入った10月の(11月だったけど・・・直訳だとそうなる?)ごちそう
Langaroli fondenti cotti nel brodo di bue e pomodori fresco
 チーズのたっぷり入ったとろける(?)パスタ 牛のブロードとフレッシュトマトのソース
(langaroliは、ランゲ地方のパスタ、という意味かな・・・?)
Minestra di ceci al profumo di bosco
 ひよこ豆のスープ 森の香り

この辺りで既にお腹いっぱい
そしてこの日は朝から牛小屋→トリュフ狩り→ワイナリー&グラッパ工場訪問と、めいっぱい動いた為か、私たち2人を強烈な睡魔が襲います・・・

ようやくメインのお肉料理登場です!これまたすんごいボリューム!Σ(゚д゚;)
Caperetto allo spiedo
 仔山羊の串焼き・・・これは暖炉でじっくりじっくり焼かれた、チェーザレシェフのスぺシャリテ。柔らかくて、ほんのり甘みの感じる仔山羊!おいしいぃ~~

の、ですが~~~・・・・無念!!!一切れずつ食べてあえなく撃沈です
満腹感と睡魔にどうしても勝てず、この後に控えていた「Fagianella arrostita キジのロースト」 と、ドルチェ5品は泣く泣くあきらめて、申し訳ない気持ちで一杯でしたが、お料理のストップをお願いしました・・・。゚(゚´Д`゚)゜。。
せっかくだからと、張りきってオーダーしたワイン(バローロの畑名入り)も飲み干せずにお持ち帰り・・・

こればかりは今でも悔いが残ります。いつかいつか、リベンジしてやるぅぅぅ(`・ω・´)

長くなるのでこちらに続きを→ 続きを読む
  1. 2009/12/03(木) 01:10:44|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

イタリア旅行記 その7(白トリュフ採り体験)

いよいよ12月に突入!師走です!
お仕事に忘年会にと忙しくなる時期ですが、みなさん体に気をつけて無事乗り切りましょうね♪
ツバキホールも、今月下旬21日(月)・28(月)のディナータイムは休まず営業いたします!
12月もご予約・ご来店お待ちしております

       □■□■□■□■□  □■□■□■□■□  
□■□■□■□■□
ところで、まだ少し続きます、イタリア報告。
運よく参加できた「白トリュフ採り体験」の一部始終をご紹介。
本当に、なかなかこんな体験は出来ないのだそうです。なんたって希少な白トリュフですからね~。Bricco Galloの市原さんやジュリアの力添えあって、ラッキーにも体験させていただけることになりました!ありがとうございますっ!!

この子が、トリュフ犬のdiana(ダイアナ、イタリア語だとディアーナ)ちゃん。賢そうな顔してるでしょ?
diana


なにせトリュフは土の中に埋まっていて、地上を見るだけではどこに潜んでいるかは分からないのです。そこで嗅覚のいいトリュフ犬の活躍です!
(豚が探す、というのも聞いたことがありましたが、豚は見つけると食べちゃってだめだそう。笑)

giorgio とdiana付いていきます

trifulau(トリフラウ=トリュフ採り職人)のGiorgioジョルジョが、
「Diana! le,le,le,le(そこそこそこ)・・・」「Diana! su,su,su,su(上、上、上)・・・」
「Vai(行け)!」「Vieni(来い)!」
などと、指示を出しながら(この言い方が歌っているみたいで独特の節回し頭から離れませんww)
森の中を歩き、私たちがその後を付いていきます。

Dianaはあっちに行ったり戻ってきたり、うろうろ・・・すると突然動きを止めました!!!

見つけた!?

キターーーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!?

掘る!

ここ掘れワンワン!
土を飛ばしながらガシガシ掘ります!掘ります!

コレ!

あったーーーーーー(゚∀゚)ーーーーーー!!!!!!

Giorgioの指差す先には、かなり小さめだけど確かに「白いダイアモンド」が!!

持ってみる嗅いでみる

くんくんくん・・・・・・
ホントに白トリュフーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!!!
すごく強烈な魅惑的な香りです!

本当に土の中にありました!感動~~~
Diana、偉~~~~いっ!!スゴ~~~いっ!!

小1時間ほど歩いて、この日は小さいものでしたが2個の収穫♪
そして、このトリュフはGiorgioのポケットの中へ・・。ぐすんもらえないのね(←当たり前w)

山歩きの後は、お兄さんのNataleナターレさんの待っているお家へ戻りいろいろ話を聞きながらの試食会

         トリュフとチーズ

地元のワインにサラミ、そしてもちろん、白トリュフも!
地元のチーズにた~~~っぷりかけて、さらに白トリュフオイルを垂らしていただきます!
幸せすぎる~~~

このご兄弟の家系は代々ここで白トリュフを採っていて、かつては1.25kgもの大きな白トリュフを、当時のアメリカ大統領に贈ったこともあるんだとか

ジョルジョとナターレと

きのこ好きな私たちにとっては、なんともたまらない体験でした
ちなみに採った白トリュフは、買って帰ることもできます。大きさにもよりますが、10gで30ユーロ(約4000円)前後!
・・・・・・なので、試食まで付いて40ユーロのこの体験は、と~~~ってもお得でした♪

P.S.白トリュフはポプラの木の下にあるそうです。札幌でももしかして・・・?(笑)

☆La Casa del Trifulau
  http://www.lacasadeltrifulau.it/index.htm

 *紹介している日本語記事もありました。
  http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/world/071107_milano/index.html



  1. 2009/12/01(火) 17:17:53|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イタリア旅行記 その6(アルバ街歩きと美味しいレストラン)

いつまで続くんでしょうか、この旅行記・・・。長々とすみませんが、もう少しお付き合いくださいね。

コラージュ アルバ市街


ランゲ・ロエロ地区の中心街Albaアルバ。
ピエモンテの美食の中心地、そして白トリュフの産地としても有名です。
と言っても、中心街はさほど大きくなく(大通り~ススキノより小さい?)、小ぢんまりとしています。だけどこの街の数百メートルのメインストリートの両脇や、ちょっと小路を入ったところにも、魅力的なショップがずらり!
色とりどりのお菓子がショーケースに並ぶパティステリアや、生パスタ専門店、エノテカ(ワインショップ)に白トリュフ専門店・・・!美味しい物好きにはたまりません。小さな建物が並ぶ街並みもかわいらしくて、滞在中に2回ほど訪れて、焼き栗やフォカッチャをつまみ食いしながら街歩きを楽しみました

白トリュフ

中でもやっぱり名産・白トリュフを扱うお店は多くてバリエーション豊か☆
街全体が白トリュフの香り漂っている気がします(笑)。
現物はさすがに高くて買いませんでしたが、白トリュフオイルや白トリュフグラッパなど・・・そこそこ買い込みました。

そんなアルバの街中では、何人かにオススメされていた美味しいレストランで食事をいただきました♪

コラージュ Lalibera

お店は Lalibera ラリベラ
日本人も多く修行に来るという、伝統料理に現代的なエッセンスを取り入れたような料理で、ほどよくカジュアルでモダンな店内もお洒落。現地の人はもちろん、私たち以外の日本人の姿もいたりで店内は満席でした。(前日予約しておいて良かった~

いただいたお料理は、
タバタ氏が、前菜に「タマゴ茸と温度卵の白トリュフかけ」
(これ、うっとりしちゃう美味しさでした!削りたての白トリュフがもう・・・!)
パスタは「ポルチーニ茸の手打ちタヤリン」
メインに「仔羊のオーブン焼き」

オオシロが、前菜に「ポルチーニと仔牛の温かいテリーヌ」
パスタは同じく「ポルチーニ茸の手打ちタヤリン」
メインは「トリッパのグラタン」

2人ともきのこ好きなもので、きのこづくしです。

もう!全部美味しくて、お腹は一杯で苦しかったけれど見事完食!
うとうとしてるタバタ氏を横目に、デザートワインまで頂いて、至福の時間でした・・・!(´∀`)
紹介してくださった帯広の田口シェフ&サリュの福島さんに感謝

ラリベラのシェフと雑貨屋のおじさん

左はラリベラのシェフと。(オオシロが背が低いので、しゃがんでくれましたw)
右はトリュフスライサーを購入した雑貨屋さんのおじさんと。
・・・・・・どちらも若干酔っ払っています(●´ω`●)

☆Lalibera
 via elvio pertinace, 24  Alba 12051 (CN) 
 http://www.lalibera.com/
  1. 2009/11/27(金) 16:29:54|
  2. イタリア旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ